中国聯通香港の跨境王 実名登録の方法は?香港のどこでやるか? - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

中国聯通香港の跨境王 実名登録の方法は?香港のどこでやるか?

dscf0024.jpg

跨境王 Cross-Border King
1枚のSIMカードで、香港と中国本土の携帯番号がそれぞれ持てて、しかもデータ通信も可能、
LINEやtwitter、g-mailやグーグル・マップなど中国本土にいながら、中国本土のネット規制も
回避出来る便利なSIMカードの一つなのです。

香港でも跨境王ユーザーの実名登録が必須、パスポートとSIMを持って香港の中国聯通へ


深セン以外の中国国内で、利用される方も多い跨境王に対して
香港でも実名登録制度が施行されました。
中国聯通 実名登録アナウンスはこちら

すでに中国本土は、2016年10月31日からプリペイドSIMの実名登録制度を
施行していますので、これを受けて香港でも利用者情報を登録、中国側に
情報(氏名、ID、電話番号など)を引き渡すことになっったわけです。
中国政府からの通達を見てみる

我々外国人は、香港にある中国聯通オフィスにパスポート持参で出向いて
登録することが必須になったのです。

香港に近い深センなら、上水駅そばの中国聯通オフィスに出向くのが便利かも?


そんなわけでグーグルマップで深センに一番近い中国聯通(香港)のオフィスを
探すと、上水駅近くにあると示してます。



深センに滞在中なら、羅湖站からひと駅、または福田站から落馬州経由の上水站の
ルートが便利ですね。

他のオフィスの場所を知りたい方はこちら

実名登録する時に持参するもの


・該当するプリペイドSIMカード
・パスポート
・申請用紙


申請用紙は中国聯通(香港)のウェブで入手 事前に記入


申請用紙は中国聯通(香港)のウェブから入手できます。
しかし、意外に目立たないリンクのため、一応直接リンクを貼っときます。

実名登録の申請用紙は、こちらからダウンロードできます

そして記入することは、申請用紙に記入する内容順に

1,電話番号(あたりまえですけど中国大陸用の番号です。)
2,氏名(バスポートと同じ表記)
3,パスポート発行地(ほとんどの方はJAPANだと思いますが・・)
4,パスポート番号
5,サイン(パスポートに署名したのと同じ書体)
6,名前と書類記入日

こんな感じです。

ちなみに、香港では跨境王は販売停止となったため
携帯ショップの在庫しか市中に出回っていないようです。

日本国内でも今ある在庫限りで、次回は入荷なしの可能性も
ありますので、必要な方は早めに購入されたほうがいいですね。

【中国聯通香港】「 中国 香港 マカオ 台湾 共通 3Gデータ プリペイド 跨境王 SIMカード 」



現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。