深センでネット接続、毎月1,080円支払っても有料VPN接続サービスを使う理由 - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

深センでネット接続、毎月1,080円支払っても有料VPN接続サービスを使う理由

VPN 中国 深セン.png

時々、世界中を震撼させるような法律や規制を施行する、中国政府
というか共産党

先日も日本や欧米諸国では考えられないようなキャンペーンを中国全土で
展開すると発表したようです。

中国のネット検閲システムを回避するために利用されている「仮想プライベートネットワーク(VPN)」技術をめぐり、中国工業情報化省が全面的な規制強化を打ち出した通達が国内外で波紋を広げている。習近平指導部が進める言論統制強化の一環だが、すでに国内のVPN提供業者に影響が出始めているもようだ。「(今秋の)中国共産党大会を間近に控えて、国内のVPN業者がひとつひとつ潰されている」。


ソース:http://www.sankei.com/world/news/170201/wor1702010033-n1.html

ここで困ってしまうのは、中国国内のVPN接続を使っているケース
ではないでしょうか?


無許可のVPN接続業者を徐々に追い込んで、許可の有無に関わらず、
中国国内からVPN接続業者を、最終的に消し去るのが目的なのかもしれませんね?

実際、中国出張で深センに来て、gmailやLINEが使えなないことを想像すると恐ろしくなる



管理人の場合、業務でもgmailを使いますし、ちょっとした連絡もLINEで済ますことも
あるため、これらのサービスが使えないのは、かなりの痛手を被ります。

また、息抜きに利用している動画サービスも、中国のIPアドレスからだと
接続拒否される場合もあります。

仕事にしても、プライベートにしても、日本国内では問題なく享受出来る
ネットサービスの恩恵が、中国国内では格段に受けにくくなるのです。

ここ数年、徐々に中国のネット接続が厳しくなっていくことは
深センや中国国内を訪問するごとに感じられました。

中国のネット接続規制強化の流れは、さらに続くと感じましたし
それが理由で、業務に支障がでるなら月々1,080円の負担も高くはないと判断したのです。


中国のネット規制の解決策の一つにVPN接続があるわけですが、
これも無料版と有料版があることをご存じですか?


管理人も、無料のVPN接続サービスを利用していた時代がありました。

ホテルからネットにつなぐと、どうにもこうにも接続が安定しない。
調べてみるとホテル内のネットワークの問題ではなく、VPN接続業者の
問題だったこともありました。

他には問い合わせの回答の遅さでしょうか?
24時間以内に回答はもらいたいところですが、いかんせん無料の接続業者だと
そうもいかないようです。

このように中国のネット接続状況や、無料VPN接続業者のケースを鑑みて
日本国内の有料VPN接続業者のサービスを受けるに至ったのです。


現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。