第12回中国(深セン)国際文化産業博覧交易会が会展中心で開催 - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

第12回中国(深セン)国際文化産業博覧交易会が会展中心で開催

現地では文博会と呼ばれていますが、5月12日〜16日まで深センの
会展中心(Shenzhen Convention & Exhibition Center)で開催されます。

場所は深センの中心である福田地区ですね。

深センへのアクセスは、こちらを参照していただくとして
取り扱い品目の一部を紹介しますと
アート&クラフト、アニメ&ゲームクリエイティブデザインなど
2015年の出展社数は、なんと2286社の実績を誇ります。
詳しい情報はこちらから

かつてはモノ作りで始まった深センですが、ソフトパワーと言うか
創造性に舵を切り始めた中国の産業構造改革の思惑を感じられるのでは
ないかと思います。

博覧交易会なので、展示だけではなく、そこでは商談も
行われるんでしょうね?

また、日本からも中国のリソースを求めたり、ビジネスチャンスを
見出す場として来場される方も多いのではないでしょうか?

深センのイベント開催で注意しておきたいこと



管理人が深セン駐在員時代も、イベントは年間を通して
開催されました。

そこでいくつか注意点を挙げると

会場に近いホテルから客室が埋まっていく
開催期間中市内の宿泊料金が若干アップする


でしょうか?

日本帰任後、現在も深セン出張する機会はありますが
出張日程と、イベント開催とが重なると、ほぼ間違いなく

希望するするホテルが予約できないとか、料金が高くなる等に
遭遇することになります。

それを回避する意味でも、繁忙期の影響を比較的うけにくい
サイトを利用して、航空券やホテルの予約を行うよう工夫しています。

面倒な航空券、ホテル予約がまとめて出来るスカイスキャナー

海外出張の定番!急な出張でも予約が通りやすいのが楽天トラベル

深セン出張するなら持って行くと便利なアイテム



過去の深セン出張で、管理人が持参して良かったと感じたアイテムを
いくつか挙げておきます。

皆さんの深セン出張の参考にして頂ければと思います。

安全にネットに接続する環境は必須


街中やホテルのフリーWiFiスポットは、盗み読みなど、セキュリティ面で
問題があります。

そんな時にありがたいのが、海外専用レンタルWiFiルーター、
パソコン、タブレット、スマホ同時に接続可能

暗証番号入力で、セキュリティ向上、しかも1日380円からの低レンタル料金
予想以上に使えて便利な海外専用グローバルWiFi


現金が必要な時、海外専用プリペイドマネーカード


小ロットやサンプル作成など、小口商談では現金(現地通貨)が
必要な場合もあります。

一方で多額の現金持参は紛失のリスクや、持ち出し手続きが煩雑になるなど
デメリットも少なくありません。

出張前に日本円でチャージ、深センに着いたら人民元で引き出せる
カードがあると便利ですよね?

そんな時はキャッシュパスポート

カードの発行元は、空港内の両替店でお馴染みのトラベレックスジャパン

そのトラベレックスジャパンが、世界中で展開しているマスターカードから
ライセンスを受けています。

だから、マスターカード対応のATMさえあれば、
人民元で現金が引き出し可能


もちろん手数料はかかりますが、ホテルのフロントや空港で
人民元に両替したり、クレジットカードでキャッシングするよりお得

しかもカード発行手続きはオンラインで完結、スポード発行

気になる方はこちらまで→海外専用プリペイドカード

それでは、皆さんのビジネスがうまくいきますように・・


現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。