深センへの電話のかけ方と国際電話を1分1円でかける方法 - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

深センへの電話のかけ方と国際電話を1分1円でかける方法

あなたは、深センへの電話のかけ方をご存じですか?
深セン市内の固定電話なら

市外局番”0755”のあとにかけたい番号
例えば、”1234−5678”ですね。

ただ、国際電話になるので、国番号86をつけて、最初の”0”を
省略します。

つまり、

86−755−1234−5678

になるわけですね。

深セン 電話.jpg

コニュニケーションツールとしての電話



メールよりも電話


ところで、ネットが発達した今でも電話はコニュニケーション
ツールとして、依然需要がありますよね?

あなたはこんな経験ありませんか?

メールやファックスなどで、何度も繰り返しやりとりした挙句
結局相手に、自分の意図が伝わらなかったとか・・

メールを送ったけれど読んでもらえてなかったりとか・・

でも、相手をを責めるわけにもいきませんし・・
それと、まれですがメールの行方不明

中国に拠点を持つ企業なら、日本からの指示がスムースに拠点に
通らないと、中国でのオペレーションに支障が出てしまいますよね?

そう言う管理人も、コミュニケーションでは何かと失敗や
痛い経験もあるので

重要事項、緊急事項は電話で伝える

を、徹底しています。

国際通話料金が安くなってきているが・・


例えば、この記事を書いている2015年4月現在、
あなたが、個人的に中国に国際電話をかけたとすると

74円/分

の通話料金が発生します。

管理人が仕事で中国と関わるようになった90年代と比べて
1分あたりの料金が半分以下まで下がっています。

それでも、1日あたり10分間中国に国際電話をかけたとすると

10分*74円/分*5稼動日=3,700円/週
3,700円*4週=14,800円/月

になるのです。

しかもこれは一人あたりの料金算出モデルです。
中国と関係されてる企業でしたらどうでしょう?

10人が20分間、月曜から金曜までの5稼動日、
中国拠点と電話をしたら通話料金は

296,000円/月

になりますよね。

法人で電話会社と国際電話の契約をすれば、大口顧客として
ディスカウントサービスも受けられるでしょう。

仮に20%の割引を受けても、依然として約24万円位の
国際電話の通話料金が発生するしますよね?

これが1年では、驚くことに284万円にも達します。

事業のためとはいっても、もうちょっと
通話料金を安くしたいところですよね?

簡単な手続きで1分1円で国際電話がかけられる


そこで個人にも法人にもオススメしたいのが

国際電話を1分1円でかけられるサービス

あらかじめ発信元の電話番号を登録すれば、それ以降は
中国までの通話が1分1円に早変わり

電話番号の登録は、携帯電話・固定電話どちらでも対応可能

さらに、1分1円でかけられる国と地域は、中国だけでなく
香港・台湾なども・・

3分でできる通話料金ソリューション


サービスの申し込み・登録はとっても簡単

登録手続きは全部ウェブ上で完結できるから、早い方なら
3分で手続きは完了

しかも、サービスには初期費用や月々の基本料金は、一切かかりません。

使った分だけ費用が発生する従量制システムだから
無駄な費用が発生しないのです。

さらにネット上で使用状況や料金も確認できるので、
通信コストの見える化も可能

今まで海外拠点との通信費に頭を悩ませていた個人・法人の方には
最適な通信コスト削減ソリューション

早く始めた方だけがメリットを享受できるサービスはこちら↓
18カ国1分1円格安国際電話 【Telink(テリンク)】


追伸

基本料金月額3,900円で40カ国とへかけ放題のプランも
一考の価値ありです。
基本料金3900円で40カ国にかけ放題 格安国際電話 【Telink(テリンク)】





現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。