突然のシンセン出張 でもこれでコミュニケーションは安心 - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

突然のシンセン出張 でもこれでコミュニケーションは安心

◇中国出張命令

もしあなたが上司から
”来週からシンセンに出張してくれ”と言われたらどうしますか?

上司から突然シンセンあるいは中国出張の命令を受けて
一番困ることってなんでしょう?

多少間違っているかも知れませんが、
おそらく中国語でのコミュニケーションじゃないかと思います。

あなたも出張や短期滞在で、現地の言葉がわからず困った経験は
ありませんか?

時期的にも新入社員が入社式を済ませたばかりです。

社内教育や実習が終ると新人を中国の生産・営業拠点に送り込んで、
現場の最前線を経験させる企業もあるのではないかと推測します。

◇コミュニケーション術と悩みのタネ

そんな時、心配のネタの一つが中国語によるコミュニケーション

何を隠そう管理人が勤務する日本本社の方針により、
6年前から技術、営業系の新入社員を3〜4週間のローテーションで
シンセン拠点に出張させているのです。

生産現場で実習してそれぞれの職場に戻った際には、
現場での経験を活かして欲しいと言うことから始めたわけですが・・

その際、渡されるのがこの一冊のテキスト




◇受け答えを意識したツール

時々「中国語も日本語も漢字で使っているから筆談で
コミュニケーションがとれるでしょう。」とおっしゃる方がいます。

それは決して間違いではありません。

でも、時として日本で使っている漢字の意味が、
そのまま中国で同じ意味なさない場合があります。

それに漢字を書くのが苦手という方も少なからずいるはずです。

昨今の中国進出ブームもあって、本屋に行けば
NHKの中国語講座テキストを筆頭に、中国語の教本はたくさんあります。

けれどどうしても日常会話寄りになっていて
(これがダメと言う事ではなくて)、ビジネスシーンではちょっと・・という感じです。

◇会話帳ならではのメリット

◇イラストと言葉を指さすだけでこちらの意図を示すことが可能
◇ビジネスシーンに特化したボキャブラリー
◇うすい冊子だからPCのようにかさばらない
◇でも2500個の単語を一冊のテキストに収蔵
◇表紙は特殊加工、しかも水性ペンで書き消しすれば筆談もオッケー

さらに話すのがちょっとという方には、アナタに代わってネイティブで
おしゃべりしてくれるのが指さしペン「ビジネス1中国語」セット

ペンがテキストに応じた内容をおしゃべりしてくれるのです。
詳しくはこのページを見ていただければと思います。


現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。