夜の小梅沙 カラオケ小姐とハッスル - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

夜の小梅沙 カラオケ小姐とハッスル

前回の記事で、深センの日式カラオケ店主催のレクレーションについて、
書きました。

今回の記事は、管理者が小姐を海に誘ってのんびり過ごすという
内容です。

カラオケ小姐と時間があえば、ストレートに海に誘ってみては
どうでしょう?
管理人の場合、休日の午後デートしてそのまま適当に夜の食事に突入
で食事中に、「今日は暑いから、カラオケの仕事休んで海に行こう」って
誘います。

カラオケ小姐の勤務先によっては、いわゆる有給制度がなくて
休むと100RMB程度の罰金が発生する時があります。

なぜかこのシチュエーションで

「100RMBを負担してオキニのカラオケ小姐と過ごすのが良いか、
あるいは、100RMBの負担を惜しんでカラオケ小姐を
上班させてしまうか・・」

で、真剣に悩む人がいるようです。特に自分の周囲では・・・・

話をもとに戻します。

夜の海なら、小姐の大敵「日焼け」の心配もないですから
案外簡単にokしてくれます。
日焼けに対する恐怖心はハンパないです。
日差しの強い季節は日傘を手放しませんから・・

小姐と自分用の水着の準備です。

深セン駐在員時代、赴任時の荷物に海パンは無かったので、
地下鉄国易駅付近なら、金光華広場のスポーツ用品店
東門なら大洋百貨か茂業百貨で買います。

あとは、コンビニやスーパーで適当に飲み物と食べ物と安全套(?)を
仕入れ、タクシーを捕まえて少梅沙ビーチに出発。


夜の海もまたいいものです。と言いたところですが、
照明も完備されて人出も昼間並で、賑わいからすると
夜の海って感じがしません。

小姐に手取り足取り泳ぎを教えたり、波打ち際で戯れたり、途中休んだりと
あっという間に日の出の時間です。

ビーチ入り口に面した道路では、客待ちのタクシーがいます。
それを捕まえて帰りましょう。

なお、タクシーの運転手は7時前後に勤務交代します。
行き先によっては乗車拒否されるので、7時前後は避けたほうが
良いかもしれません。


現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。