東部華僑城に行ってみる。 - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

東部華僑城に行ってみる。

今回は『東部華僑城に行ってみる。』
をテーマに書いていきます。

まず、その広さに圧倒されますね。深センで一番大きな
テーマパークではないでしょうか?

なんといっても、山ひとつがそれぞれの
テーマパークになっています。ひとつは大侠谷生態楽園、もう一つは茶溪谷公園、それと雲海谷です。

oct main.jpg

各テーマパークとの移動は、ロープウェイだったり、トロッコ列車だったりと
面積が広いだけに、なかなかシンドイです。

oct 4.JPG

各テーマパークを簡単に紹介すると

雲海谷

雲の上をイメージするテーマで、下の写真のように、山頂から
突き出た展望台があったりします。

※管理人は高所恐怖症のため試していません。

oct 3.jpg


oct2.jpg


大侠国生態楽園

自然の生態系がテーマ、下の写真のお花畑は実に圧巻
oct5.jpg

茶溪谷公園

その名の通り、お茶がテーマ
oct 1.jpg

ところで、皆さんは知ってました?
お茶の木は中国から世界中に広まっていったんですって・・

ここで、東部華僑城の簡単な紹介

◇場所:

塩田区大梅沙


大きな地図で見る


◇アクセス:

羅湖からタクシーで約1時間

◇入場料金:

150RMB→入園料120RMB+移動に使う乗り物代30RMB込み
なお、誕生日には入園が免費です。(入場券販売窓口でパスポート
見せればオッケー)

明るい時間帯は、タクシーの他に公共バスでの来園も可
しかし、夕方以降は公共バスの本数も激減します。

また、タクシーも捕まえにくくなるので、遅くなったら大梅沙シェラトンで
市内行きのタクシーを拾うのが無難。


現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。