深センのホテルにて トホホな日本人に遭遇 - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

深センのホテルにて トホホな日本人に遭遇

今回のテーマは『深センのホテルにて トホホな日本人に遭遇』
と題して、ダメダメ事例を、挙げます。
これから深センを訪問する方は、決してまねしないようにお願いします。

内容次第では、公安沙汰になります。

◇事例1

夜12時ごろ、カラオケ小姐を、自分の部屋に連れ込もうとして
フロントで保安に呼び止められ、逆ギレしてるトホホな日本人。

宿泊客以外の人は、夜11時以降の入室はだめなのですが、
その方は、小姐のことを咎められたことが原因で大暴れしていました。

◇事例2

ホテル内の、日式カラオケで飲みすぎ、そのまま部屋へ
戻ろうとしたところエレベータ内で逆噴射。

よく見ると、その方は当社深セン工場にパーツを供給して
下さるベンダーの、親会社の社長さん。

部下たちが一所懸命に吐瀉物を片つけていました。
トホホ、ご苦労様です。

◇事例3

親しいカラオケ小姐から聞いた、ホントの事。

今年(2010年)深センデビューした、関西出身の方の話。
ほぼ毎月一回、関空発の飛行機で、深センに来るそうです。

その方は、新時代酒店を定宿にしています。

そして、小姐との待ち合わせ場所を、ホテルのロビーにしているそうです。

彼女いわく、

『お客さんだからしょうがない。でも鶏(*)みたいだから、ホントは行きたくない』

待ち合わせ場所がホテルのロビーとは、トホホすぎます。
日本人だけでなく、中国人からの視線もあるでしょうに・・・

*の意味は、ご自身で調べて見てください。


現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。