香港空港から深セン 夜間の移動 さぁどうする? - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

香港空港から深セン 夜間の移動 さぁどうする?

今回は「香港から深センを夜間に移動する」
というテーマです。

あなたは、夜間に香港空港から深セン市内に移動することができますか?
例えば、午前出発の飛行機が予約できず、午後出発の飛行機の座席しか
確保できなかった場合を想像してください。

成田出発が18時、19時台の飛行機だと、香港空港に着くのが現地時間22時を
過ぎてしまいます。

これでは、以前の記事で取り上げた
「深セン行き 乗り合いワゴンサービス」の受付カウンターも
クローズしてしまいます。

その時は、下記のような移動方法で、香港空港から深セン市内に入境できます。

1、「A43」のバス乗り場からバスに乗り、上水駅に移動する。
  ⇒深夜の時間帯になると、バスの行き先表示板は、「N@@」と変わるので注意

2、上水駅についたら羅湖駅行き、または落馬州駅行きの最終列車に
  間に合えば列車に乗る。
  
  間に合わなければ、駅前でタクシーに乗り、落馬州口岸手前まで
  移動する。

3、落馬州で香港出境手続きを行い、黄色のバスに乗って、皇岸口岸に
  移動する。その後、中国入境手続きを行う。

いかがでしょうか?予想よりも簡単でしょう?

要点は、空港からバスに乗るまでのロスタイムを、どれだけ減らせるか?
だと思います。

ここまで記事を書いて、このようなことを述べるのもおかしな事ですが、
個人的には夜間の移動は、おすすめできません。
まだ、皇岸口岸付近には、治安のわるいところも残っているからです。

どうしてもの場合は、乗り合いワゴンの、受付カウンターがクローズする前に、
ワゴンを確保できるようにしたいものです。


現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。