深セン駐在員と企業の人事総務部門で読むことをお勧めします。 - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

深セン駐在員と企業の人事総務部門で読むことをお勧めします。

先日、本屋でこの本のタイトルに惹かれ、
つい読み入ってしまった一冊を紹介します。

中国駐在員の選任・赴任から帰任まで完全ガイド4訂版

「駐在員候補者はは赴任予定の半年前には人選を開始、
概ね2週間で決定すべし」、

これは
管理人が勤務する会社の駐在員選定の目安で、駐在員を決意した
のち、当時の管理人の上司がそっと教えてくれたはなしです。

もっとも強制力もありませんし、当然就業規則のような形で
明文化もされていません。

駐在員を了解すると、最終的には社長決済ということで、
晴れて駐在員が決定するわけですが・・

駐在員として赴く側の一番の心配のネタは、給与体系や日本で
享受している福利厚生などのベネフィットが継続できるのか?
ではないかと思います。

一方で駐在員を送り出す人事総務部門としては、

・人事処遇全般や現地の税制や法律、
・駐在員に関するトラブルはどのように解決すべきか

が悩みどころではないかと推測します。

この本では、中国進出企業での実例などが豊富に掲載され、
駐在員本人だけでなく部門長や、送り出す側の人事総務部門双方に
非常に有意な内容になっています。

中国進出企業の人事総務部門への取材で得た
”問題を起こす駐在員の特徴やプロファイリング”の記事も掲載されており、
ますます需要が高まる中国駐在員候補の人選の参考になるのでは?
と思えるような記事もあります。

元深セン駐在員が読んでも非常に濃い内容ですし、
価格以上の価値があると思います。

これから中国、深センへ駐在員派遣を検討されてる
会社におかれては、熟読しておきたい一冊ではないでしょうか?

中国駐在員の選任・赴任から帰任まで完全ガイド4訂版


現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。