中国人とのコミュニケーション 報告、連絡、相談  - ビギナーのための深センを8倍楽しむブログ

中国人とのコミュニケーション 報告、連絡、相談 

今回は『報告、連絡、相談 中国人とのコミュニケーション』
を、テーマに書いていきます。


1にチェック、2にチェック、3〜4がなくて5にチェック

これ、深セン駐在員時代の私が中国人部下に対して
一番注意を払っていた部分。

日本企業で育てられた私にとって、この『ホウレンソウ』は、
私の生きる糧というか、体に染み付いた一種の社会常識のような
ものになっています。

日本の常識に照らせばホウレンソウが出来ない部下は
仕事が出来ないということになる。

極端かもしれないが、そういう見方になってしまいます。

ところが・・中国の常識からすると
『部下に主体的なホウレンソウを期待する上司はバカだ』
ということになります。

なぜなら、部下から報告がなくて困るのは、部下本人ではなく
結果を求められている上司であるあなただから・・

その点は、中国人部下も分かっているから尚更の事

管理人の深セン駐在員時代にも、そのような事例は何度か
見てきたし、他の深セン進出を果たした日系企業でも似たような
事例があることを聞いたことがあります。

もし『この失敗は(中国人)部下からの連絡が遅れたせいであり、
責任は私ではなく、中国人部下にある』という発言が通るような会社は
中国ビジネスでは成功できないと考えます。(私見ですが・・)

とにかく日本での身近な成功事例を中国ビジネスに持ち込んでも
うまく行くとは限りません。

むしろ本質を見据えないまま突き進むと、失敗する可能性を大きいと
感じています。

いずれにせよ、こちらのこまめなフォローなしに昨日頼んだ
仕事をちゃんと忘れずに進めてくれたり、こちらの描いた形に結果を
仕上げてくれる中国人部下はほとんどいないと思ったほうがいでしょう。

それをきめ細かくフォローするのが

『結果を出す責任がある』

日本人上司の役割であり、そのためには普段からのコミュニケーションが
大切になってくると考えます。


現在ランキング参加中!いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。